カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違いは一体どんなことでしょうか。 この2つはどちらも金融機関からお金を借りるという点では同じものです。 それゆえに違いが分かりにくいかと思いますが、違いをきちんと把握しているとお金を借りる際にスムーズに取引することができます。

昨今では、カードローンとキャッシングも同じ意味合いとしてうたっている金融業者も少なくはないようです。 ですが、細かくみていくと両者は同じもののようで異なる点があります。 どのような点が違っているのかをまとめてみようと思います。

カードローンは銀行・信販会社・消費者金融などで取り扱っています。 銀行から大口金額を借り入れる場合は窓口で契約します。 少額融資の場合は、キャッシングと同じように提携ATMなどからすぐに利用することが出来ます。 カードローンは、限度額の範囲内であれば繰り返し自由に借りることができます。 そして返済方法は一括返済ではなく、分割のリボルビング払いが可能です。

キャッシングも銀行・信販会社・消費者金融で取り扱っていますが、返済方法については一括返済が基本になっています。 キャッシングは50万円までの小口融資が主流となり、1万円単位の少額融資になります。 借入れは金融機関の店舗や提携銀行や提携コンビニのATMを無料で利用することができます。

例えば、限度額50万円の場合なら50万円までの範囲ならいつでも自由に借りれます。 返済に関しては、借り入れた金額を翌月に一括で返済するのが原則です。

ただし、キャッシングにも分割払可能なタイプがあります。 最近はカードローンとの線引きが難しくなっていますので、そういった細かい内容はホームページなどで条件を確認してみましょう。

そしてキャッシングとカードローンは金利が違います。 一般的にキャッシングの利率よりもカードローンの方が多少低めに設定されているようです。

例えばカードローンは分割払いが可能で利息が10%台に対して、キャッシングは翌月一括払いで金利は20%近くに設定されています。 このことから、カードローンはキャッシングより低めの金利設定で長期間に渡り少しずつ返済し続けるタイプだということが分かります。

借入れの際には、ご自分に合った方法を選びましょう。 最終的に自分が支払う金利はどれぐらいになるか計算して、そこにあるメリットやリスクを考慮しながら利用していくことが大切です。